年金新ルールはどうなる?

こんにちは、いわて水沢FP事務所 千葉雄大です。

こんな記事見つけました。

「年金新ルール、支給試算 厚労省、賃金下落など想定ー(朝日新聞デジタル)」http://www.asahi.com/articles/ASJDW7TWCJDWUTFK01D.html

試算の結果も出ています。

想定したとおりであれば、現状より数百円の下げ幅で収まりますよ~という内容。

こういった記事では、最終的な「結果」よりも、その結果になった「前提条件」が大切だと思っています。

それは、何故か?というと、、、

「前提条件」が現実とかけ離れている/理想的すぎる、と「結果」は自ずとよい方向になるからです。

今回の試算で私が気になったのは、「名目賃金が2年連続で減少したのち、その後は回復していく」という文言。

リーマンショック級の大打撃があったのち、3年目以降は賃金は回復し続ける・・・?

そうなるかな?と感じた次第です。

公的年金も「ねんきん定期便」などで、ある程度は自身で把握するようにしておきたいですね。

FP千葉でした。