お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所

社会保険の加入は損?トク?

こんにちは、いわて水沢FP事務所 千葉雄大です。

こんな記事見つけました。

「150万円へ変更後も7割は「103万円以内のまま」 女性の社会進出には「103万円の壁」引き上げより、「意識改革」   ー(時事通信)」   http://www.jiji.com/jc/article?k=000000341.000001256&g=prt

所得税・住民税の配偶者控除と社会保険の扶養の範囲のお話しです。

リンク先には、保険ショップ「保険クリニック」が働く主婦さんにアンケート調査をした結果があります。

この配偶者控除、記事にもあるように、税金だけの話では無いんですよね。

税金の配偶者控除(今回の改正で103万円→150万円)と、社会保険の扶養の範囲の金額(130万円)が似ている、という点。

そして、いままであれば、社会保険で旦那さんの扶養の範囲内で働いていれば、配偶者控除も概ね適用になっていた、ということ。

それが、今度からは、配偶者控除だけを頭に入れて働いていると、もしかすると社会保険に加入する必要がでてくること。

現在、扶養になっている方であれば、社会保険に加入すると「手取りが減ってしまう!!」という点が強調されているように感じます。

今まで扶養されていた人が社会保険に加入することになるのは、そんなに悪いことでしょうか?

確かに、毎月の社会保険料の負担は増えます。しかし、負担した分、それ相応に返ってくる部分もあります。例えば、公的年金(老齢、遺族、障害)。

この問題が一言で済ませられないのは、扶養に入っていると、会社によっては「家族手当」というような手当もあること。

手元から出て行く社会保険料、扶養だと貰えるけど社会保険に加入することによってもらえなくなる各種手当て、一方で受取額は増える可能性がある公的年金。

マイナスがあったりプラスがあったりで、人によって異なり、サッと計算できません。

こんな時の専門家。FP(ファイナンシャルプランナー)を知ってくださいね。

FP千葉でした。

参加しています!確定拠出年金相談ねっと→ https://wiselife.biz/

私もいます(^^)→https://wiselife.biz/fp/tchiba/


トラックバックURL

https://fp-ct.com/2017/01/23/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%ae%e5%8a%a0%e5%85%a5%e3%81%af%e6%90%8d%ef%bc%9f%e3%83%88%e3%82%af%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA