お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所
お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所 > ブログ > 未分類 > 行政が提供してくれる情報は有効活用しよう!

行政が提供してくれる情報は有効活用しよう!

こんにちは、千葉塾 の千葉雄大@岩手県奥州市のファイナンシャルプランナーです。

先週は、子ども達の家庭訪問週間でした。

家にいるときと様子の違う子どもたちの様子を聞かせてもらい、(・_・Φ フムフムと頭の中にメモしました。

家での顔と、学校での顔。

親も、

家にいるときの顔と、仕事をしているときの顔。

違う顔してますね。

みんな、色んな顔があるよな~と、当たり前のことを思ったりしています。

 

さて、

こんな記事見つけました。

・「土砂崩れ」の補償、認知度は23.7% 年間3,000件超の支払実績を持つ、水災補償についてのアンケート調査

(JIJI.COM http://www.jiji.com/jc/article?k=000000370.000001256&g=prt )

今回は、火災保険の、水災補償・特約についてのアンケート結果を見つけました。

火災保険という保険は、色々なものを補償してくれるのですが、そのうちの1つですね。

損害保険会社によって、水災補償を取ったり、つけたりすることができます。

ご自宅を購入される方は、要検討しないといけないところですね。

アパート等の借家の場合でも、検討してみる必要はあります。

家財に対する補償があったりしますからね~。

こういった内容については、自分で調べるのも大切ですが、担当の保険屋さんに聞いた方が、生の声をきくこともできるので、オススメです。

水災補償のいらない場所?

さて、今回の記事で私が気になったのは、こちらの図です。

水災に加入していない理由の第1位:水災の心配がないエリアだから。

これって、意外と住んでいる方の主観だけの場合が多いのではないかな?と思いました。というか、私は以前そうでした。

私が以前住んでいたところには、割と近くに小さい川がありました。

大雨が降って増水しても、特に堤防の決壊などの心配がないような。

ある日の市町村からの広報誌の中にハザードマップが入っていたんです。

何気なしに自分の住んでいるところを確認したら…

「洪水浸水想定域」

・・・やっぱり知らないって罪ですね。。。

ある程度であれば、自分で調べることも可能です。

「ハザードマップ 〇〇市」などで検索してくださいね。

ちなみに、現時点(2017年6月14日)ですと、岩手県の分はこちらのサイトにまとまっています。

洪水ハザードマップ・浸水想定区域図(岩手県 県土整備部 河川課)

http://www.pref.iwate.jp/kasensabou/kasen/bousai/008331.html

それでは、また次回!

千葉塾主催、千葉雄大@岩手県奥州市のファイナンシャルプランナー でした。


トラックバックURL

https://fp-ct.com/2017/06/14/%e8%a1%8c%e6%94%bf%e3%81%8c%e6%8f%90%e4%be%9b%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%af%e6%9c%89%e5%8a%b9%e6%b4%bb%e7%94%a8%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA