【こんな記事見つけました】5月のiDeCo加入者数は4月に比べて半減、加入者総数は50万人を突破

確定拠出年金相談ねっと というところにもブログを綴っています。


こんにちは、確定拠出年金相談ねっと認定FP、岩手県の千葉雄大です。

「ねんきんネット」の動画、今回からは、日本年金機構のちょっとカタメの動画です。これもPR、PR、PR!

前回までのポップな感じではなく、ちょっとカタイ感じの動画ですよ♪

 

さて、

こんな記事を見つけました。

5月のiDeCo加入者数は4月に比べて半減、加入者総数は50万人を突破

(モーニングスター iDeCoニュース https://ideco.morningstar.co.jp/ideconews/003597.html)

今年に入ってからの1月~4月までは、毎月純増5万人台だったのが、5月は落ち着いて3万人台まで減ったそうです。

ちょっと待って!

今現在で50万人超の加入者で、今年の1月~4月が毎月純増5万人台ということは、、、

  • それ以前の加入者は、約30万人。
  • 確定拠出年金制度が始まったのは2001年(平成13年)。

この今年4ヶ月で、加入者数は、確定拠出年金制度の16年間と大差が無いということですね、、、

でも、まだまだ!!!

加入できる方はいらっしゃいます。

(wikipedia 確定拠出年金 より抜粋)

こちら年金の被保険者数です。受給者もいらっしゃいますが、数字の桁が違います。

まだまだ加入できる方はた~くさんいらっしゃいます。

「じつは、まだ様子見してます。。。」

という方とお会いしたことがあります。

  • 関心はある
  • けどやっている人がまわりにいない
  • 金融機関から特に紹介されることもない
  • 実際どうなの???

ということをおっしゃっていました。

まずは、無理をしないところから

iDeCo(個人型確定拠出年金)では、商品ラインナップに必ず、「元本確保型」と言われるものがあります。

それで、税制メリットの1つ、所得控除を体験してみてはいかがでしょう?

「投資はコワイ、、、」

とおっしゃる方もいますので、投資ではないところから入って、まずは体験。

その後に、ぼちぼちと投資信託を眺めてみるのもアリです。

注意点が、1つ

確定拠出年金は、始めたら、やめられません

「解約して、今まで払った分を払い戻してもらおう」

が基本的にできません。(例外もありますが、条件は非常に厳しいです)

無理は禁物

これは、投資商品云々もありますが、掛金(拠出額)も、無理は禁物です。

金額は変更することも可能ですが、毎月変えるようなことはできません。

自身の生活に合わせた掛金(拠出額)を設定したいですね。

 

悩んだら?

専門家に聞いてください。

私たちファイナンシャルプランナー、特にこの確定拠出年金相談ねっとのメンバーは、専門家です。

 

私も、その一人ですよ♪

千葉塾!のファイナンシャルプランナー(FP) 千葉雄大でした。