お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所

【疑問・質問】団体保険って?

こんにちは、千葉塾 の千葉雄大@岩手県奥州市のファイナンシャルプランナーです。

小学生以上のお子さんのいらっしゃる家庭では、夏休みに入ったのではないでしょうか?

我が家もその1つの家庭で、長男と次男(共に小学生)が夏休みに入りました。

家で仕事をしていることも多い私の目下の悩みは、

「お昼ご飯のメニュー」

普段は自分の分だけなので、あるもので済ませることが多いのですが、子ども達がいるとそうもいかないような気がして、、、

世のお母さん方、この悩みが毎日3回やってくることを考えるとすごいですね、、、

さて、

こんな疑問・質問頂きました。

「職場で団体保険?というものがあるらしいけど、普通の生命保険と何が違うの?」

ー 基礎データ ー

  • 男性Sさん
  • 30代前半
  • 正社員(とある製薬メーカー)

結論:団体保険は、基本は1年更新の掛け捨ての保険(死亡・入院保障)で、普通の生命保険と保障という意味では変わりありません。

Sさん、生命保険は、既に保険会社で掛けています。ただ、更新が近いようで、情報を集めていたそうです。

そこで団体保険というものがあるよと聞き、調べていたそうです。

団体保険とは、従業員の方が自由に入る、入らないを決められる、その会社に勤めているからこそ加入できる保険です。(全員強制加入というものもあります)

あくまでイメージですが、生協さんの共済を思い浮かべてもらえればよいと思います。

  • 生協さんの加入者→会社の社員、従業員
  • 生協さんの共済 →会社の団体保険

というようなイメージですね。

この団体保険の良いところは?

低廉な保険料、わかりやすい保障内容ではないでしょうか?

一般的に団体保険と同じような内容で、民間の生命保険会社で保障を組むと、民間の保険会社が高額になることが多いです。(実際は1年更新の保険を扱っている保険会社があまりなく、少額短期保険といわれる専門の会社があるくらいです)

そのほかに、1年間の保険の収支etcで割戻金というものが還ってくることもあります。

もし、お勤めの会社にそういった制度があるならば、団体保険の利用を考えても良いと思います。

でも、退職することになったら??

退職してしまうと、まったく同じ保障内容で、団体保険に加入することはできなくなります。(社員、従業員ではなくなるので)

しかし、何年かの加入期間があれば、それを個別に持ち出すことができる場合があります。

その際の毎月の保険料等は、その年齢で計算しなおしになりますが、生命保険に加入する際のお決まりごとの身体の状況の「告知」が無いものがあります。

なので、退職前に入院してたとか、実は病気が見つかって、という場合でも保障をもつことが可能なんですね。

何も保険会社にこだわる必要はない

必要なのは、「保障」なのであって、保険商品ではないです。

なので、必要な「保障」を提供してくれるのであれば、社会保険などの公的な保障でも、会社の団体保険でも、共済でも、民間の保険会社でも、なんでも使えばよいと思います。

ちなみに、Sさんは、今の会社が気に入っていて、転職などの考えはないようなので、団体保険も検討の1つに入れてもらいました。不足する場合は、民間の保険会社で補う予定です。

情報は仕入れても邪魔になりません

今回は、情報をそのまま使う方向で話をしています。Sさんがアンテナをきちんと張っていたので、しっかり情報が入ってきていましたね。

知らないと、「え~~~、そうだったの?!」となりかねないですからね。

千葉塾のFP(ファイナンシャルプランナー)、千葉雄大でした。


トラックバックURL

https://fp-ct.com/2017/07/26/%e3%80%90%e7%96%91%e5%95%8f%e3%83%bb%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%80%91%e5%9b%a3%e4%bd%93%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA