お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所
お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所 > ブログ > 確定拠出年金 > 【こんな記事みつけました】証券会社のアンケート結果、どちらがあなたに近いですか?

【こんな記事みつけました】証券会社のアンケート結果、どちらがあなたに近いですか?

確定拠出年金相談ねっと というところにもブログを綴っています。


こんにちは、確定拠出年金相談ねっと認定FP、岩手県の千葉雄大です。

厚生労働省作成の年金の動画で、ポップな雰囲気のものを見つけました。

「01」「02」とくれば、今回は、「03」。

「申請してください」という題名です。何を申請してくださいという話かというと、、、(約1分)

障害年金についての説明でしたね。

身体しょうがい手帳を持っていないと、障害年金は受け取れない、というものではないんです。

実はこれ、民間の生命保険でも同じことがある場合もあるんです。

気になった方は、保険の担当者、あるいは私たちFP(ファイナンシャルプランナー)に聞いてくださいね~。

 

さて、

こんな記事を見つけました。

今日は、証券会社のアンケート記事2つです。

「iDeCo」加入率、1割未満にとどまる

(日刊アメーバニュース  http://news.ameba.jp/20170727-116/)

こちらは、野村證券のアンケートの結果です。

iDeCo加入前後に最も困ったことは?

(マイナビニュース マネー http://news.mynavi.jp/news/2017/07/27/205/)

こちらは、SBI証券のアンケートの結果です。

こちらの記事の中の、

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入率は61.8%

となっています。

 

アンケートの対象は?

野村証券もSBI証券も、アンケートの対象は、「個人投資家」です。おそらくは、自社の顧客向けにアンケートを行ったものだと思います。

アンケートの母数は、概ね1000人。

なぜ、一方は1割未満、もう一方は6割超になったのでしょうか?

アンケートの対象の個人投資家の年代は??

記事の中だけでは、年代がわかりませんが、

野村証券の加入状況アンケートの答えを見た時に、

「iDeCo の加入資格がないから」

というものがありました。加入資格が無い、というのは、おそらくは年齢が60歳を超えているのではないかな?と思います。

野村証券の顧客層が年代が上の方が多いのでしょうね。

ニュースは捉え方で色んな風に見えます。

野村証券の記事をみれば、個人型確定拠出年金(iDeCo)はまだまだ、認知度も低く、加入している人も少ない希少な制度に見えますが、

SBI証券の記事を見れば、半数以上の人が加入していて、その手続き等の改善を求める人が多いんだな、と思いますね。

 

今回の最後は、

大切なのは、自分の意志!です。

周りがどうなのか、どうしているのかは気になりますが、確定拠出年金は、人助けの制度ではなく、自分を助けるための制度です。

制度はしっかり知った上で、使えるモノはしっかり活用しましょうね(^^)

相談相手にFP(ファイナンシャルプランナー)を使ってくださいね~。

 

確定拠出年金相談ねっと、認定FPの千葉雄大でした。


トラックバックURL

https://fp-ct.com/2017/07/31/%e3%80%90%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%91%e8%a8%bc%e5%88%b8%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA