お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所
お金の相談室 みずさわ byいわて水沢FP事務所 > ブログ > 未分類 > 【こんな記事見つけました】運用資金を貯めるなら「保険の見直し」 月3.2万円も必要?

【こんな記事見つけました】運用資金を貯めるなら「保険の見直し」 月3.2万円も必要?

確定拠出年金相談ねっと というところにもブログを綴っています。


こんにちは、確定拠出年金相談ねっと認定FP、岩手県の千葉雄大です。

厚生労働省作成の年金の動画の、ポップシリーズ(勝手に命名)。

今回は、「国民年金ってホントに必要なの!講座」(約10分)。以前に紹介した動画をまとめです(^^)

このシリーズの動画、実は検索しずらいのです。

年金というワードで、色んなFP(ファイナンシャルプランナー)や社会保険労務士の方が

動画を作成しているみたいです。

参考になる動画もありますが、最新のきっちりした情報という意味では、

所轄官庁の厚生労働省が作成したものが確かなものだと思います。

「概要は分かった!自分は年金どうなの?」と思ったときは、私たちFP(ファイナンシャルプランナー)に聞いてくださいね。

 

さて、

こんな記事を見つけました。

運用資金を貯めるなら「保険の見直し」 月3.2万円も必要?

(ZUU Online   https://zuuonline.com/archives/165819)

老後の年金のために積立した方がいいのは知っているけど、

「資金が…」という方が多いと思います。

そんなとき、どうするか?の一案です。

あくまで、一案です。

しつこいようですが、一案です。

保険を見直しましょう!

ある一定金額を支払っている場合は、払い過ぎです!!

まず、一定金額を超えた部分は、真っ先に余分な保険料をカットして、老後の年金用のまわしましょう!!

という内容の記事です。

私自身の見解としては、「そういう人もいるでしょうね~」という感じです。

一般論にしては、金額が断定されているのは、、、、

どうなんでしょうか?

でも、、、

公的遺族年金をまず知ること

これは、大賛成です。

お勤めをしていれば、厚生年金で、しっかり保険料は徴収されます。

個人で事業されていても、国民年金を払っていれば、

それら(厚生年金、国民年金)は、生命保険の役割も果たします。

既に持っている保障を、知っておくのは大切です。

ですが、、、

医療保険 ここだけ見直す! 医療保険はすぐストップ

これは、ちょいと異論が。

確かに、高額療養費制度もありますし、会社(健康保険組合)によっては、

独自の給付があったりします。(これは勤めている会社に聞いてください)

概論として、こういう制度があることを知っておくことは必要ですが、

「自分がそういう状況になったときに、本当に必要な資金はどれくらいか?」

を知っておくことが大切です。

私も、自分の計算をしてみて、「あっ、、、、」と思って加入しています。

老後の資金、準備するなら?

ネットや雑誌に載っているのは、一般論や統計、あるいは、考えられる家庭を仮定したもので、あなた自身の計算ではありません。

平均、という言葉の怖いところは、100万円一人と0円一人の平均は50万円となることです。

平均額が実態をとらえていないことも、ままあります。

しっかりと、

「自分の場合は?」

というところを抑えておきたいですね。

今回の最後は、

色んな意見を見ることは、大切です。

色々調べた、知った後に、「自分はどうなるか?」を知ることは

もっと大切です。

相談相手にピッタリの人たちを知っています。

当サイト 確定拠出年金相談ねっと のメンバーです!

全国にメンバーがいますので、知ってくださいね~(^^)

 

確定拠出年金相談ねっと、認定FPの千葉雄大でした。

ホームページも準備してます! http://fp-ct.com/


トラックバックURL

https://fp-ct.com/2017/08/07/%e3%80%90%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e8%a8%98%e4%ba%8b%e8%a6%8b%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%91%e9%81%8b%e7%94%a8%e8%b3%87%e9%87%91%e3%82%92%e8%b2%af%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%aa/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA